文化遺産オンライン

白熊置物

しろくまおきもの

概要

白熊置物

しろくまおきもの

金工 / 昭和以降

津田信夫作

昭和19年(1944)

銅鋳製

1個

津田信夫は千葉県・佐倉に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)の教官となった後ヨーロッパに留学し、その作品は若い金工家に大きな影響を与えた。モチーフを単純化して柔和な作風を示す動物置物は、津田が留学後にもっとも得意とした題材である。

白熊置物をもっと見る

津田信夫作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

東京 / 美術 / 学校 / 作品

関連作品

チェックした関連作品の検索