文化遺産オンライン

天目茶碗

てんもくちゃわん

作品概要

天目茶碗

てんもくちゃわん

陶磁 / 昭和以降

板谷波山作

昭和時代・20世紀

1口

板谷波山(いたやはざん)は日本の近代陶芸の先駆者として指導的な役割を果たしました。独自の葆光彩磁(ほこうさいじ)がよく知られていますが、この作品にみられるように、中国の古陶磁に学んだ天目などにも精力的に取り組んでいます。昭和28年(1953)に工芸家として初めて文化勲章を受章しました。

天目茶碗をもっと見る

板谷波山作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / 波山 / 茶碗 / てんもく

関連作品

チェックした関連作品の検索