文化遺産オンライン

梅花天目

ばいかてんもく

作品概要

梅花天目

ばいかてんもく

陶磁 /

中国・吉州窯

南宋時代・12~13世紀

陶製

高5.5 口径15 高台径4.0

1口

日本ではこうした黒釉の器を「天目」と呼びます。かつて、現在の浙江省にある天目山に学んだ日本の禅僧が茶碗を持ち帰ったといわれることにちなみます。江西省にある吉州窯も黒釉碗の生産で知られ、梅花文や文字文、木葉文などをあらわした製品が特徴です。

梅花天目をもっと見る

中国・吉州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / / / てんもく

関連作品

チェックした関連作品の検索