Vase with a Purple-Red Glaze

Details

Vase with a Purple-Red Glaze

ceramics / Meiji

By Takemoto Hayata (1848–92)

Meiji era, 1892

1口

竹本隼太(たけもとはやた)は明治時代前期に活躍した陶芸家。西欧陶芸の技術を積極的に導入し、特に19世紀末にフランスを中心とする西欧で流行した窯変磁(ようへんじ)(色彩に微妙な変化をもたせる釉薬の手法)をもとに、独自の近代的な窯変磁を完成させた。本作はその代表例のひとつ。

Related Works

Search items related to work chosen