紫紅釉瓶(辰砂釉瓶) しこうゆうへい (しんしゃゆうへい)

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 明治 

竹本隼太作
明治25年(1892)
1口

竹本隼太(たけもとはやた)は明治時代前期に活躍した陶芸家。西欧陶芸の技術を積極的に導入し、特に19世紀末にフランスを中心とする西欧で流行した窯変磁(ようへんじ)(色彩に微妙な変化をもたせる釉薬の手法)をもとに、独自の近代的な窯変磁を完成させた。本作はその代表例のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

紫紅釉瓶(辰砂釉瓶)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒釉茶斑文瓶
黒釉茶斑文瓶

竹本隼太作

象嵌彩窯変磯蟹大皿
天目茶碗
天目茶碗

板谷波山作

備前焼
飛躍成就花陶板
飛躍成就花陶板

河井寬次郎

ページトップへ