文化遺産オンライン

黒釉茶斑文瓶

こくゆうちゃはんもんへい

作品概要

黒釉茶斑文瓶

こくゆうちゃはんもんへい

陶磁 / 明治

竹本隼太作

明治25年(1892)

陶製

高27.3 口径10.3 底径9.8

1口

竹本隼太(たけもとはやた)は東京高田村(現豊島区)に開窯し、東洋歴代の陶磁器に取材したさまざまな釉薬を創案した。明治26年(1893)のシカゴ万国博覧会に出品されたこの作品は、おそらく中国・華北で作られた黒釉陶、いわゆる河南天目(かなんてんもく)の瓶にヒントを得たものであろう。

黒釉茶斑文瓶をもっと見る

竹本隼太作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / / / 河南

関連作品

チェックした関連作品の検索