[Tenmoku] Tea Bowl with White Rim Glazed stoneware

Details

[Tenmoku] Tea Bowl with White Rim Glazed stoneware

ceramics / China

Place of production:China

Jin dynasty, 12th–13th century

高6.8 口径13.2 高台径4.7

1口

口縁にめぐらされた白色の帯は、黒釉をかけたのちに、口縁部の釉を削り取ってそこに白化粧を施し、透明釉をかけるという手の込んだ手法で作られており、白覆輪とよばれる。華北地方の窯で焼かれたものである。黒釉は二重がけされ、褐色の斑文が浮かんでいる。

Related Works

Search items related to work chosen