白覆輪天目 しろふくりんてんもく

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 中国 

制作地:中国
金時代・12~13世紀
高6.8 口径13.2 高台径4.7
1口

口縁にめぐらされた白色の帯は、黒釉をかけたのちに、口縁部の釉を削り取ってそこに白化粧を施し、透明釉をかけるという手の込んだ手法で作られており、白覆輪とよばれる。華北地方の窯で焼かれたものである。黒釉は二重がけされ、褐色の斑文が浮かんでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

白覆輪天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

褐釉白覆輪唐草文碗
白釉碗
黒釉白堆線文双耳壺
玳玻釉飛鳥折枝文碗(玳玻天目・鸞天目) 吉州窯
白釉水注
白釉水注

中国・磁州窯

ページトップへ