文化遺産オンライン

聖徳太子像

しょうとくたいしぞう

作品概要

聖徳太子像

しょうとくたいしぞう

彫刻 / 大正

高村光雲作

大正元年(1912)

銅造

総高22.3 像高15.5

1躯

銘文:高村光雲/胤斎鑄之

小像ながら、険しい表情を浮かべる聖徳太子の姿がよく表わされている。「老猿」などの大作で知られる高村光雲は、日本近代を代表する彫刻家のひとり。徹底した観察による写実表現が特徴。宮内省から名誉ある帝室技芸員に任命された記念に、作者本人から寄贈された。

聖徳太子像をもっと見る

高村光雲作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

光雲 / 高村 / 彫刻 /

関連作品

チェックした関連作品の検索