文化遺産オンライン

吉祥天立像(模造)

きちじょうてんりゅうぞう

作品概要

吉祥天立像(模造)

きちじょうてんりゅうぞう

彫刻

関野聖雲模

昭和6年(1931)以前、原品:鎌倉時代・13世紀

木造、彩色(複元模造)

総高109.7 像高89.4

1躯

原像も彩色が美しく残り、艶やかな魅力で知られる鎌倉彫刻の名品。これをそのままに写した技術が賞される。作者は高村光雲に学び、美術学校の木彫教諭を務めた。緻密な観察で制作技法を明らかにするなど学術的な意義も高いが、何より作家にとって模刻は創作の源であった。

吉祥天立像(模造)をもっと見る

関野聖雲模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模造 / 原品 / / 彫刻

関連作品

チェックした関連作品の検索