吉祥天立像(模造) きちじょうてんりゅうぞう

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 昭和以降 

関野聖雲模作
昭和時代・20世紀、原品:鎌倉時代・13世紀
木造、彩色(複元模造)
総高109.7 像高89.4
1躯

原像も彩色が美しく残り、艶やかな魅力で知られる鎌倉彫刻の名品。これをそのままに写した技術が賞される。作者は高村光雲に学び、美術学校の木彫教諭を務めた。緻密な観察で制作技法を明らかにするなど学術的な意義も高いが、何より作家にとって模刻は創作の源であった。

作品所在地の地図

関連リンク

吉祥天立像(模造)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一字金輪坐像(模造)
一字金輪坐像(模造)

新納忠之介模作

聖観音菩薩立像(模造)
広目天立像(模造)
広目天立像(模造)

竹内久一作

釈迦如来立像(清凉寺式)
観音菩薩立像(九面観音像)(模造)
ページトップへ