文化遺産オンライン

聖観音菩薩立像(模造)

しょうかんのんぼさつりゅうぞう もぞう

作品概要

聖観音菩薩立像(模造)

しょうかんのんぼさつりゅうぞう もぞう

彫刻 / 明治

山田鬼斎模造

明治26年(1893)、原品=飛鳥~奈良時代・7~8世紀

木造、彩色

像高189.4 台座高46.1 総高235.5

1躯

 原品は、薬師寺東院堂の像で銅造。その鋳造技法や銅質などから、同寺金堂の薬師如来三尊像と同時期に造られたものと考えられる。細部の装飾などに、中国・唐時代の影響がみられる。当模造は、山田が木彫技法を使って模したものである。 

聖観音菩薩立像(模造)をもっと見る

山田鬼斎模造をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模造 / 原品 / / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索