文化遺産オンライン

月に雁図額

つきにかりずがく

作品概要

月に雁図額

つきにかりずがく

金工 / 明治

加納夏雄作

明治30年(1897)

鉄地平象嵌

縦48.5cm 横29.1cm

1面

鉄地に月を銀で平象嵌【ひらぞうがん】し、雁を片切彫【かたきりぼり】であらわしています。加納夏雄はもと装剣金工を手掛けていましたが、明治初年の廃刀令後はこうした額や花瓶等の製作に従事、細密な高肉彫【たかにくぼり】や片切彫で、日本画の筆致をそのまま金属面に表したかのような絵画的な作品を多く残しました。

月に雁図額をもっと見る

加納夏雄作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

象嵌 / 夏雄 / 加納 / 彫る

関連作品

チェックした関連作品の検索