老松雲竜図鐔 おいまつうんりゅうずつば

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

河村若芝 (1638-1707年)
かわむらじゃくし
江戸時代前期
鉄地
竪7.5cm 横7.5cm
1点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

鐔は刀装具の一部で、刀剣の柄と刀身との境目にはさみ、柄を握る手を防護するもの。江戸時代の鐔は装飾性に富み、金工の冴えを見せるものが多い。その形状により角鐔、丸鐔、唐鐔、葵鐔などがある。本品は丸形の鐔で、表には老松を肉彫、松葉を金象嵌であらわし、金象嵌銘「行年六十八子 若道人(金印)」、小柄横穴に「若芝」(金文方印)を入れる。裏には雲竜を金平象嵌であらわす。作者の河村若芝は江戸前期、佐賀出身の画家であり、装剣金工家。長崎漢画の一派若芝流をひらき、若芝鐔工派の開祖でもある。

作品所在地の地図

関連リンク

老松雲竜図鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵雲龍図小柄、笄
八つ木瓜形唐草象嵌鐔
雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
春日野図鐔〈銘城州伏見住金家/〉
業平東下り図揃金具
ページトップへ