春日野図鐔〈銘城州伏見住金家/〉 かすがのずつば

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

城州伏見住金家
東京都
桃山
撫角形で、鉄地に鋤出高彫に象嵌技法を加え、周囲は打返耳につくる。両櫃孔を埋めている。図様は表の下半に雌雄の鹿を鋤出高彫であらわし、鹿の斑点を銀象嵌している。左端には楓枝…
縦8.3 横8.0 (㎝)
1枚
公益財団法人永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人永青文庫
国宝・重要文化財(美術品)

作者金家は絵画図様を施した絵風鐔の創始者と言われている。鉄の薄手の槌目地に、奈良春日野の風景をあらわし、力強い鋤彫にわずかに金銀の象嵌を施しており、深い趣のある鐔である。

作品所在地の地図

関連リンク

春日野図鐔〈銘城州伏見住金家/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

毘沙門天図鐔〈銘城州伏見住金家/〉
破扇散鐔〈無銘林又七/〉
牟礼高松図鐔〈銘利寿(花押)/〉
雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
藤花鹿図太刀金具〈(冑金、石突、表目貫欠)/〉
ページトップへ