毘沙門天図鐔〈銘城州伏見住金家/〉 びしゃもんてんずつば

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

城州伏見住金家
東京都
桃山
拳形の鉄地に鋤出高彫で象嵌技法を加え、縁は打返耳に造る。小柄櫃孔をあける。表の右半に毘沙門天立像を、左半に二老杉を肉彫して、要所には僅かな金銀を象嵌している。裏面は左半…
縦7.9 横7.6 (㎝)
1枚
公益財団法人永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人永青文庫
国宝・重要文化財(美術品)

不整形の拳形と打返耳、地鉄の膚造技法は、稚拙の中に高い技法の冴えを示している。かつ、枯淡な雰囲気と武家信仰神の毘沙門天を合わせて表現した、金家の特色が強い名鐔の一つ。

作品所在地の地図

関連リンク

毘沙門天図鐔〈銘城州伏見住金家/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日野図鐔〈銘城州伏見住金家/〉
破扇散鐔〈無銘林又七/〉
牟礼高松図鐔〈銘利寿(花押)/〉
雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
巴透鐔〈銘信家/〉
ページトップへ