巴透鐔〈銘信家/〉 ともえすかしつば〈めいのぶいえ〉

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
丸形、鉄槌目地に三巴文を大きく透かし、地に三巴と菊花文を高彫し、両棺である。耳は薄肉をつけた角耳で、鉄骨が現れる。
縦8.5  横8.3  耳厚0.55  (㎝)
1枚
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

桃山時代の尾張の鐔工信家の作風は、厚手の板鐔に唐草文、亀甲文、和歌などの文字を毛彫したものと、透彫りに毛彫りをほどこした物との二様がある。この鐔は、地鉄の鍛も殊によく、信家の透鐔の代表作である。黒田家に伝来して江戸時代以来有名なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

巴透鐔〈銘信家/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
茗荷・桐透鐔
毘沙門天図鐔〈銘城州伏見住金家/〉
春日野図鐔〈銘城州伏見住金家/〉
破扇散鐔〈無銘林又七/〉
ページトップへ