茗荷・桐透鐔 みょうがきりすかしつば

工芸  金工 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代
尾張透鐔
径7.7~7.8cm
1枚

尾張地方を代表する鐔として、室町時代後半から江戸時代にかけて作られた、鉄地を透かして文様を残す一群の鐔がある。これらは尾張透鐔と呼ばれ、野趣に富み、鉄の味わいを活かした独特の作風を示す。本作は、よく鍛錬された鉄地を大胆に透かして、茗荷と桐をあしらった意匠の鐔で、尾張透鐔の中では優雅な作風を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

茗荷・桐透鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳥居透鐔
風帆透鐔
歯車透鐔
巴透鐔〈銘信家/〉
木井桁透鐔
ページトップへ