文化遺産オンライン

鳥居透鐔

とりいすかしつば

作品概要

鳥居透鐔

とりいすかしつば

金工 / 工芸品 / 安土・桃山 / 日本

桃山時代

金山鐔

径6.3~6.9cm

1枚

神社の鳥居を大きくかたどって透かすという、大胆な意匠の鐔である。本作は金山鐔と呼ばれるものの一つで、金山鐔は尾張透鐔とともに、尾張地方を代表する鐔である。この名称は製作地に由来しており、名古屋市熱田区金山町周辺をあてるのが通説とされるが、常滑市金山周辺をあてる説もある。

鳥居透鐔をもっと見る

名古屋市博物館をもっと見る

キーワード

/ / すかす / 尾張

関連作品

チェックした関連作品の検索