風帆透鐔 ふうはんすかしつば

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
柳生鐔
径7.5~7.8cm
1枚

帆を張った舟が荒々しい波間を進む意匠の鐔である。本作は柳生鐔と呼ばれるものの一つで、その造形は野趣に富んだ力強い作風を示している。この図案は、柳生連也に師事した尾張藩主二代徳川光友が、兵法の極意を案出したものといわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

風帆透鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木井桁透鐔
茗荷・桐透鐔
一本竹透鐔
鳥居透鐔
歯車透鐔
ページトップへ