木井桁透鐔 きいげたすかしつば

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
柳生鐔
径7.5~7.8cm
1枚

柳生鐔は、尾張藩主の初代義直・二代光友に仕えた柳生厳包(連也)が新陰流兵法の極意を鐔に図案化し、鐔工に作らせた無銘の鐔をいう。のちに連也の図案以外に、いろいろな図案も加えられたといわれている。本資料は、厳包が案出した図案の一つとみられる、木を井桁に組んだ意匠で、無骨な作風を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

木井桁透鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

風帆透鐔
一本竹透鐔
茗荷・桐透鐔
鳥居透鐔
歯車透鐔
ページトップへ