文化遺産オンライン

猛禽捕猿図鐔

もうきんほえんずつば

作品概要

猛禽捕猿図鐔

もうきんほえんずつば

その他 / 江戸

志水甚五

江戸時代・17世紀

鉄地高肉象嵌

1枚

銘文:無銘 志水甚五

猛禽類が獲物を獲る図は「鷙鳥図【しちょうず】」と呼ばれ、弱肉強食を象徴するこの画題は安土桃山時代を中心に武家で流行した。これは肥後金工の清水甚五【しみずじんご】による鐔で、鉄地に大胆にディフォルメした鷹と猿を真鍮と素銅で象嵌し、渋い味わいをもつ無骨さが武勇を誇る図柄と一致している。
(酒井元樹木氏執筆)

猛禽捕猿図鐔をもっと見る

志水甚五をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 甚五 / 志水 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索