文化遺産オンライン

破扇散鐔〈無銘林又七/〉

はせんちらしつば

作品概要

破扇散鐔〈無銘林又七/〉

はせんちらしつば

工芸品 / 安土・桃山 / 関東

林又七

東京都

桃山

丸形の鉄板鐔で、槌目地の地鉄は鍛優れて潤いのある色味を呈している。表裏共に右上と左下に破扇を、左上には桜花を金象嵌で表し、左右の櫃孔は埋める。

縦8.5 横8.3 耳厚0.4 (㎝)

1枚

公益財団法人永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1

重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:

公益財団法人永青文庫

国宝・重要文化財(美術品)

よく鍛えられた地鉄の独特な色味や、巧みな象嵌技法は、肥後金工中の林又七の得意としたところである。その意匠は破扇という奇抜な文様を大胆に配し、又七鐔の傑作である。

破扇散鐔〈無銘林又七/〉をもっと見る

林又七をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 文京 / / 目白台

関連作品

チェックした関連作品の検索