太刀〈銘豊後国行平作/〉 たち〈めいぶんごのくにゆきひらさく〉

工芸 / 鎌倉 / 関東 

豊後国行平
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、小切先詰まり、腰反高く踏張りあり、太刀姿優れて美しく、地がねはねっとりとして潤がある。鍛最も約り、小沸厚く、刃文は小乱、匂小沸砂流しかかり、大きな焼落としが…
長79.9 反2.9 元幅2.6 先幅1.6 鋒長3 (㎝)
1口
公益財団法人永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1
重文指定年月日:19340130
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

現存する行平の作の中でも、その作風を完全に発揮した優品である。細川幽斎より烏丸光廣に古今伝授とともに贈られたものと伝えられ、付属する革包太刀拵も同じ頃の作と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘豊後国行平作/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘豊後国行平作/〉
太刀〈銘豊後国行平作/〉
太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘長元/〉
太刀〈銘長光(大般若長光)/〉
ページトップへ