太刀〈銘定利/〉 たち〈めいさだとし〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

定利
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、腰反り踏張りの高い太刀姿。地鉄は小板目よくつまり、地沸が細かくつき、刃文は匂深く、小沸の深い小乱に丁子を交え、足やや小ずみごころに頻りに入る。帽子は乱れ込ん…
刃長78.7 反3.0強 元幅2.8 先幅2.0 鋒2.8 (㎝)
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19490218
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

定利は京都の綾小路に居住したことから綾小路定利と呼ばれ、文永頃の刀工と伝えられるが、太刀姿や鍛え、刃文などの作風からは鎌倉前期の刀工とみられる。定利の作中でも、本太刀は、地鉄刃文ともに明るく冴え、刃文が華やかで、特に堂々とした美しい太刀である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘定利/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘豊後国行平作/〉
太刀 銘利恒
太刀〈銘助真/〉
太刀〈銘来国光嘉暦二年二月日/〉
太刀〈無銘/〉
ページトップへ