文化遺産オンライン

太刀〈銘豊後国行平作/〉

たち〈めいぶんごのくにゆきひらさく〉

作品概要

太刀〈銘豊後国行平作/〉

たち〈めいぶんごのくにゆきひらさく〉

工芸品 / 鎌倉 / 関東 / 東京都

豊後国行平

東京都

鎌倉

鎬造、庵棟、小鋒、腰反り高く踏張りつきの細身、やや寸の短い太刀である。生ぶ茎、先栗尻、鑢目浅い勝手下がり、目釘孔一。(鍛)板目肌総体に柾がかかり、物打から上はほとんど柾目肌状となり、地沸つく。総体に白けごころとなる。(刃文)直刃調、小互の目に小乱交じり、足入り、上半匂口がうるみ、砂流しかかる。鎺上で焼き落とす。帽子刃は焼浅く、先丸く返る。(彫物)佩表の鎺上に倶利伽羅竜、棒樋、銅裏の腰に梵字と鎺上に桜を彫る。

長65.7㎝ 反2.1㎝ 元幅2.9㎝ 先幅1.9㎝ 茎長17.4㎝

1口

東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19410703
国宝指定年月日:
登録年月日:

国宝・重要文化財(美術品)

細身で腰反りのある優美な姿の太刀で、小板目に柾を交えた鍛、匂口のうるみごころの直刃、小乱を焼き、大きく焼落しをみせた地刃は、鎌倉時代初期の豊後国【ぶんごのくに】(大分県)の刀工のうちでも名工といいうる行平【ゆきひら】の優品で、きわめて格調高い作風をあらわしている。

太刀〈銘豊後国行平作/〉をもっと見る

豊後国行平をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索