秋草文黒漆太刀〈中身銘豊後国行平作/) あきくさもんくろうるしたち〈なかみめいぶんごゆきひら〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 室町 / 中部 

豊後国行平
静岡県
室町
柄は黒漆鮫皮を着せ、茶糸で菱巻きを施す。目貫は枇杷図を彫る。猿手金着せ。鞘は黒漆塗。
責と石突の間に、表に三日月形の銀薄板を貼る。金具は赤銅磨地で秋草文を毛彫りする。…
総長122.0 柄長31.0 鞘長91.5 (㎝)
中身長76.4 反り3.4 (㎝)
1口
静岡県三島市中田町1-43
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人佐野美術館
国宝・重要文化財(美術品)

総体を黒づくめで作る。金具は赤銅で秋草文を彫り、黒漆塗の鞘に銀の三日月形を張って、秋の夜景を表している。肉取りの厚い丸鞘で、金具の造りや彫りなどから室町時代前期の製作と考えられる。
中身は、鎌倉時代初期の豊後国行平の作。上杉家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草文黒漆太刀〈中身銘豊後国行平作/)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆太刀拵
松藤文兵庫鎖太刀拵
兵庫鎖太刀〈(中身無銘伝一文字)/〉
太刀〈銘豊後国行平作/〉
牡丹造梅花皮鮫鞘腰刀拵
ページトップへ