刀〈朱銘義弘(名物松井郷)/本阿(花押)〉 かたな〈しゅめいよしひろ(めいぶつまついごう)/ほんあ(かおう)〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 南北朝 / 中部 

郷義弘
静岡県
南北朝
鎬造、庵棟、重ね薄く、反り浅く、中鋒。鍛は小板目肌最もよく約み、地沸厚く地景入り、明るく冴える。刃文は広直刃文調に浅く湾れ交じり、匂口冴えて小沸よくつき、足・葉頻りに入…
長69.4 反1.8 (㎝)
1口
静岡県三島市中田町1-43
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人佐野美術館
国宝・重要文化財(美術品)

相州正宗十哲の一人郷義弘の作と伝えている。義弘の銘の確実な物は皆無であり、他に徴すべきものがないが、細かに約んだ綺麗な地肌と沸匂の深く明るく冴えた刃文に義弘の特色が見られる。
『享保名物帳』に記載される「松井江」が本刀にあたり、松井佐渡守が所持していたためにこの異名がある。古茎が僅かに残っているので朱銘を施したという。朱銘は本阿弥光常である。

作品所在地の地図

関連リンク

刀〈朱銘義弘(名物松井郷)/本阿(花押)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
刀〈無銘正宗/〉
刀〈/金象嵌銘正宗磨上/本阿弥花押〉(名物池田正宗)
短刀〈無銘正宗(名物庖丁正宗)/〉
刀〈金象嵌銘義弘本阿(花押)/本多美濃守所持〉
ページトップへ