刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉 かたな〈がくめいらいくにみつきりつけめいうめただこれをみがきあげる〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

来国光
京都府
鎌倉
鎬造、丸棟、身幅広く、重ね厚く、反りやや高く、猪首鋒。鍛板目杢交じり、よくつみ、地沸細かにつく。刃文広直刃、小沸よくつき匂口冴える。表は物打の匂口が締まり、下半は足葉が…
身長71.6 反2.1 元幅3.25 先幅2.5 鋒長3.5 茎長19.2 (㎝)
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

鎬造りで身幅の広い剛壮な刀である。鍛えは板目美しく、刃文は広直刃である。当初は長大な太刀であったものを、桃山時代に京都の埋忠が短く磨上げたものであるが、山城国京都の来国光の優作として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘則国/〉
太刀〈銘来国光/〉
刀〈無銘助真/〉
刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之
刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之

来国光(埋忠磨上)

太刀〈銘山城国西陣住人埋忠明寿(花押)/慶長三年八月日他江不可渡之〉
ページトップへ