刀〈無銘吉岡一文字/〉 かたな〈むめいよしおかいちもんじ〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

吉岡一文字
鎌倉
鎬造、庵棟、磨上ながら中反りやや高く、中鋒の延びた刀である。鍛えは板目やや肌立ちごころに乱れ映り立つ。刃文は丁子に互の目交じり、匂口締まり、小足・葉よく入る。帽子は乱込…
長77.4 反2.6 (㎝)
1口
重文指定年月日:19600609
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

備前国吉岡一文字派の作と伝える。大磨上ではあるがなお堂々とした刀で、身幅広く、鋒がやや延びるなど、鎌倉時代末期の姿を伝える。丁子に互の目を交えたやや小模様な刃文には吉岡一文字派の特色がよく示されている。

関連リンク

刀〈無銘吉岡一文字/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈無銘助真/〉
刀〈無銘正宗/〉
刀〈折返銘備中国住次直/〉
刀〈無銘正宗/〉
太刀〈銘吉房/〉
ページトップへ