刀〈無銘正宗/〉 かたな〈むめいまさつね〉

工芸 / 鎌倉 / 中部 

正宗
愛知県
鎌倉
鎬造、庵棟、庵低く、反浅く中鋒。鍛板目肌立ちごころに地沸つき地景入る。刃文小のたれ互の目、小乱れ交じり、裏中程やや大きく乱れ、表裏とも総体に飛焼入り、匂深く小沸よくつき…
刃長73.2  反り2.2  (㎝)
1口
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19620202
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

大磨上無銘の刀で、相州正宗の作と伝える。刀の姿は時代を示し、地刃の出来は相州上工の作風特色をよく示して所伝を首肯でき、かつ健全である。

作品所在地の地図

関連リンク

刀〈無銘正宗/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈無銘正宗/〉
短刀〈無銘伝正宗(名物一庵正宗)/〉
刀〈無銘助真/〉
刀〈/金象嵌銘正宗磨上/本阿弥花押〉(名物池田正宗)
刀〈無銘吉岡一文字/〉
ページトップへ