刀〈折返銘備中国住次直/〉 かたな〈おりかえしめいびっしゅうつぐなお〉

工芸 / 南北朝 / 中部 

備中国住次直
愛知県
南北朝
鎬造、庵棟、身幅広く長大、反り浅く中鋒。鍛小板目肌よく約み地斑交じり乱映り立つ。刃文小丁子、小乱小互の目交じり、逆足、葉しきりに入り、相対に匂口締りごころとなる。帽子乱…
身長73.0  反1.9  (㎝)
1口
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

備中青江派の次直の作。この時代は大太刀が一部に流行をみるが、本刀も出来は三尺六寸以上のものであったのを磨上げたものである。地刃の出来優れ、この派の特色を最もよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

刀〈折返銘備中国住次直/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住兼光/〉
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
太刀〈銘光忠/〉
太刀〈銘国宗/〉
刀〈無銘吉岡一文字/〉
ページトップへ