太刀〈銘備州長船住兼光/〉 たち〈めいびしゅうおさふねかねみつ〉

工芸 / 南北朝 / 中部 

備州長船住兼光
愛知県
南北朝
鎬造、庵棟、磨上ながら腰反、中鋒、鍛小板目肌よく約み、乱映り立つ。刃文中直刃わずかに小湾れごころ交じり匂口締り、小足わずかに入る。帽子僅かに湾れごころに小丸、彫物表裏棒…
身長73.0  反2.2  (㎝)
1口
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

長船景光の子初代兼先の作で、ほとんど景光を思わせる出来である。磨上ながら出来が優れ、健全である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備州長船住兼光/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈折返銘備中国住次直/〉
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
太刀〈銘光忠/〉
太刀〈銘備州長鉛基光/〉
ページトップへ