太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉 たち〈めいびしゅうおさふねかねみつ/えんぶんさんねんにがつひ〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 南北朝 / 中国・四国 

備州長船兼光
広島県
南北朝/1358
鎬造、庵棟、大鋒、腰反りやや浅し。鍛小板目肌よくつみ、地沸つき、下半板目柾がかり、乱映り立つ。刃文中直刃匂口締まり、僅かに互の目交じり、小足、葉入る。帽子表裏直ぐに小丸…
身長88.8 反り2.3 元幅3.6 先幅2.5 鋒長5.6 茎長26.0 (㎝)
1口
ふくやま美術館 広島県福山市西町2-4-3
重文指定年月日:19520719
国宝指定年月日:
登録年月日:
福山市
国宝・重要文化財(美術品)

本太刀は延文年紀のある備前兼光の作である。兼光は初代、二代があり、初代の最も古い年紀が元弘である。延文年紀のものは二代と伝えているが、初・二代の区切りをどことするかは未だ残された問題である。
本太刀は、ほとんど打ちおろしに近く、長く上杉家に伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住兼光/〉
太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
太刀〈銘備州長鉛基光/〉
ページトップへ