太刀〈銘備州長鉛基光/〉 たち〈めいびしゅうおさふねもとみつ〉

工芸 / 南北朝 / 関東 

備州長鉛基光
東京都
南北朝
鎬造、庵棟、身幅広く、重ね薄く、反り浅く、鋒大。鍛小板目、表物打止やや流れごころあり、乱映り立つ。刃文互の目、裏丁字交じり総体に足葉頻りに入り、匂口締りごころ。茎磨上、…
身長74.8  反19.7  元幅4.5  茎長21.0  (㎝)
1口
三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
重文指定年月日:19530331
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三井文庫
国宝・重要文化財(美術品)

備前兼光の門と伝える初代基光の作で、同作有銘の太刀は少ない。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備州長鉛基光/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
太刀〈銘備州長船住兼光/〉
太刀〈銘国信/〉
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
太刀〈銘助真/〉
ページトップへ