太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉 たち〈めいびしゅうおさふねのじゅうかねみつ/りゃくおうにねんしょうがつひ〉

工芸 / 南北朝 / 関東 

備前国長船兼光
東京都
南北朝/1339
鎬造、庵棟、中鋒、腰反踏張ある太刀姿である。鍛えは小板目よく約み、乱映立ち、刃文は小互の目方落風交じりやや小ずみ、砂流僅かにかかり小沸つき、帽子は僅かに乱れ込み、小丸に…
長78.8 反2.2 元幅2.9  (㎝)
1口
三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
重文指定年月日:19520329
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三井文庫
国宝・重要文化財(美術品)

初代備前兼光の作で、地刃ともに父景光を彷彿させる出来である。兼光有銘の太刀は少なく、暦応の年紀も貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住兼光/〉
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
太刀〈銘備州長鉛基光/〉
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
ページトップへ