太刀〈銘助真/〉 たち〈めいすけざね〉

工芸 / 鎌倉 / 関東 

助真
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、鋒猪首、腰反高く踏張がある。鍛表小板目よく約み、裏中程より下の方やや肌立ち柾がかり、総体に丁字映立つ。刃文焼出の辺は小乱れ、小互の目交じり、上は大丁字、重花…
身長74.5  反3.0  元幅3.1 茎長21.8  (㎝)
1口
三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
重文指定年月日:19570219
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三井文庫
国宝・重要文化財(美術品)

助真は鎌倉中期の最盛期における福岡一文字派の巨匠で、同派の中でも華麗な作風を示す一人である。鎌倉幕府の召命に応じ、鎌倉鍛冶の開拓者の一人となった。助真有銘で現存する作は極めて少ない。本太刀は、佩裏がやや健全さを欠く感があるが、優れた出来である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘助真/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

薙刀〈銘一/〉
太刀〈銘国信/〉
太刀〈銘助真/〉
太刀〈銘備州長鉛基光/〉
刀〈無銘助真/〉
ページトップへ