太刀〈銘長元/〉 たち〈めいながもと〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 中部 

長元
静岡県
鎌倉
鎬造、庵棟、小鋒詰まり、腰反、踏張のある太刀姿である。鍛は小板目つまり、乱映り立ち、刃文は匂口締まりごころで小丁子に小互の目、小乱交じり、足葉入り、帽子は湾込み中たるみ…
長74.2 反り2.9 元幅2.8 先幅1.6 鋒長2.5 (㎝)
1口
静岡県三島市中田町1-43
重文指定年月日:19520329
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人佐野美術館
国宝・重要文化財(美術品)

備前長船長光の弟子、長元の作。現存する長元の作刀は比較的少ない。本太刀は、細身ながら地刃の出来優れ、特に同作中では珍しい乱れ刃である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘長元/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘真守/〉
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
太刀〈銘吉房/〉
太刀〈銘国宗/〉
ページトップへ