太刀〈銘真守/〉 たち〈めいさねもり〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

真守
鎌倉
鎬造、庵棟、中鋒、磨上げながら腰反り。鍛小板目、肌つみ乱れ映り立つ。刃文、小丁子、小乱交じり、足葉頻りに入り、小沸ごころあり。帽子乱込み、先小丸。茎磨上、先切、鑢目勝手…
身長66.7 反り2.1 元幅2.9 先幅2.2 鋒長4.0 茎長20.3 (㎝)
1口
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
株式会社ブレストシーブ
国宝・重要文化財(美術品)

備前畠田は守家の門、真守の作。磨上げながら出来優れ、かつ健全である。付属の打刀拵は江戸時代初期のもので、後藤の金具が全部揃う。

関連リンク

太刀〈銘真守/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘則房/〉
太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
ページトップへ