刀〈無銘正宗/〉 かたな〈むめいまさむね〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 中部 

正宗
静岡県
鎌倉
鎬造、庵棟、磨上ながらやや反り高く、中鋒の刀。鍛えは板目肌地沸くよくつき、地斑交じり、地景頻りに入る。刃文は小湾に互の目交じり、沸匂深く小沸よくちき、飛焼ごころあり、金…
長68.0 反2.6 (㎝)
1口
静岡県三島市中田町1-43
重文指定年月日:19610217
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

大磨上無銘の刀で相州正宗の作と伝えられている。細見でやや反りの高い姿、板目に地景のよく入った地沸の厚い冴えた地鉄、金筋・稲妻が頻りに入った沸くの強い小湾れの刃文など、正宗の特色をよく示している。徳川将軍家伝来の一口で、鞘書から「疱瘡正宗」と称す。

作品所在地の地図

関連リンク

刀〈無銘正宗/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈無銘正宗/〉
刀〈/金象嵌銘正宗磨上/本阿弥花押〉(名物池田正宗)
刀〈無銘吉岡一文字/〉
短刀〈無銘伝正宗(名物一庵正宗)/〉
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
ページトップへ