刀 無銘(貞次) かたな むめい(さだつぐ)

工芸 / 南北朝 / 関東 

貞次
さだつぐ
備中国(岡山県)
南北朝時代
鎬造、庵棟、身幅広め、元と先の身幅に開き少なく、大磨上げなれど反り深く、中鋒延びる。鍛えは板目杢交じり、よく錬れ、澄肌風の地斑現われ、乱れ映り立つ。刃文は匂出来の直刃調に浅いのたれを交え、小足・逆足入り、金筋からみ、匂口明るく冴える。帽子は直ぐに突き上げて先尖りごころに長く返る。茎大磨上げ、先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔3。
刃長2尺3寸3分弱(70.6cm)/反り6分1厘(1.8cm)
1口
茨城県土浦市中央1-15-18 土浦市立博物館
土浦市立博物館
重要美術品

正徳4(1714)年極月三日本阿弥光忠代七百貫折紙が付属する。



作品所在地の地図

関連リンク

刀 無銘(貞次)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 差裏銘(金象嵌銘) 長義磨上 本阿(花押)
太刀 佩表名 大原真守
刀 無銘(左弘行)
太刀 佩表名 景安
刀 無銘(来国光)
ページトップへ