太刀 無銘(包平) たち むめい(かねひら)

金工 / 鎌倉 / 茨城県 

包平
かねひら
備前国(岡山県)
鎌倉時代前期
鎬造、庵棟、身幅細く、元先の幅差あまり変わらず、やや腰反りがつき、小鋒。刃文は直刃調に小湾れが入る。地鉄は板目に乱れ映りがたつ。茎は磨上げ、先切り、目釘孔3つ。
刃長2尺3寸6分余(71.5cm)/反り4分7厘(1.4cm)
1口
土浦市立博物館(茨城県土浦市中央1-15-18)
土浦市

江戸幕府で老中を務めた土浦藩主土屋家2代政直が隠居した際、松平美濃守(柳沢吉保)の名義で、柳沢吉里から贈られた。代金子弐拾枚折紙付き。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 無銘(包平)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 佩表名 景安
刀 無銘(左弘行)
刀 無銘(長谷部)
刀 無銘(来国光)
太刀 佩裏名 備前國住人景安作
ページトップへ