Katana Kanesada

刀 兼定

Details

Katana Kanesada

刀 兼定

金工 / 室町 / 茨城県

兼定

かねさだ

美濃国(岐阜県)

室町時代

鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差開かず、先反り強く付く。刃文は互の目、尖刃、小湾れが交じり、矢筈刃が目立つ。地鉄は板目肌立ち流れ、白気映りが交じる。帽子は乱れ込んで丸く返り、地蔵風となる。茎は栗尻、鑢目勝手上がり、目釘孔3つ。

刃長2尺(60.1cm)/反り6分8厘(2.1cm)

1振

土浦市立博物館(茨城県土浦市中央1-15-18)

土浦市

作風や銘の切り方から、3代目兼定(疋定)の作と考えられる。

Search by Katana Kanesada

Search by 兼定

Search by 土浦市立博物館

Keywords

/ はもん / 備前 / Sword

Related Works

Search items related to work chosen