太刀 佩表名 大原真守 たち はきおもてめい おおはらさねもり

金工 / 平安 / 茨城県 

大原真守
おおはらさねもり
伯耆国(鳥取県)
平安時代末期
鎬造、庵棟、身幅細く、元先の幅差開き、腰反りが高く、先へ行って反り浅く、小鋒。地鉄は板目に大板目・杢目・流れ肌交え総体に肌立ち、地沸つき地景入り、地斑調の肌合いあり、鉄色黒みがかり地斑映り立つ。刃文は小乱れ調の刃中に部分的に刃肌が立ち、うるみを交え、所々一つ一つのはっきりとした小互の目あり。鎺元に長い焼き落し見せ、ほつれ・打のけ小模様に現れ、小足・葉入り、沸よくつき、金筋、砂流しかかる。彫物、表に素剣、裏は梵字と護摩箸。茎生ぶ、先浅い刃上がり栗尻、鑢目筋浅く、目釘孔3つのうち1つ埋まる。
刃長2尺6寸6分(80.6cm)/反り9分(2.7cm)
1口
茨城県土浦市中央1-15-18 土浦市立博物館
土浦市立博物館

本刀は土浦城の櫓に収められていた。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 佩表名 大原真守チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 佩表名 景安
刀 差裏銘(金象嵌銘) 長義磨上 本阿(花押)
刀 無銘(貞次)
刀 無銘(長谷部)
刀 兼定
刀 兼定

兼定

ページトップへ