太刀 佩表名 景安 たち はきおもてめい かげやす

工芸 / 鎌倉 / 茨城県 

景安
かげやす
備前国(岡山県)
鎌倉時代初期
姿は鎬造、庵棟、身幅尋常、磨上げながらも腰反りが残り、先に行って伏しごころ、反りがやや深くつき、中鋒つまる。地鉄の鍛えは板目に杢交じり、処々流れ、総じて肌立ち、地沸細かによくつき、地景入る。刃文は直刃調に小乱れや、角ばる刃連れて交じり、足・葉さかんに入り、沸よくつき、焼きの低い部分に飛焼・湯走りかかり、金筋入り、砂流しかかる。彫物は表裏に棒樋。茎は磨上げて先浅い栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔5つ、うち3つ埋める。
刃長2尺3寸8分(72.1cm)/反り6分(1.8cm)
1口
茨城県土浦市中央1-15-18 土浦市立博物館
土浦市立博物館
重要美術品

本刀は土浦藩主土屋家初代数直の正室を娘にもつ、伏見奉行水野石見守忠貞の名で、跡継ぎの忠顕が、土屋家に贈ったものである。代金子弐拾枚折紙付。



作品所在地の地図

関連リンク

太刀 佩表名 景安チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 佩裏名 備前國住人景安作
太刀 佩表名 大原真守
刀 差裏銘(金象嵌銘) 長義磨上 本阿(花押)
刀 無銘(貞次)
刀 無銘(左弘行)
ページトップへ