太刀〈銘備前国包平作(名物大包平)/〉 たち〈めいびぜんのくにかねひらさく(めいぶつおおかねひら)〉

工芸 / 平安 / 関東 

備前国包平
東京都
平安
鎬造、庵棟、鋒詰まり猪首となり、腰反り高く踏張りあり。地鉄は小板目肌約り、地沸つき、地景交じり、乱れ映り立つ。刃文は小乱れに足入り、匂深く小沸つき、金筋入る。帽子は乱れ…
刃長89.2 反り3.4 元幅3.7 先幅2.5 鋒長3.7 (㎝)
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19360918
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

古備前包平の健全無比の大作。久能山東照宮に真恒と共に、大振りで身幅の広い豪壮成す形をしたもので、平安時代後期における一形体を代表するものである。『享保名物帳』などに所載され、池田三左衛門輝政の愛刀として岡山池田家に伝来した。
地鉄と刃文の美しさが優れ、我が国第一の名刀ともいわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備前国包平作(名物大包平)/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘利恒
太刀〈銘三条(名物三日月宗近)/〉
太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
ページトップへ