文化遺産オンライン

太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉

たち〈めいやすつな(めいぶつどうじぎりやすつな)〉

作品概要

太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉

たち〈めいやすつな(めいぶつどうじぎりやすつな)〉

工芸品 / 平安 / 関東

安綱

東京都

平安

鎬造、庵棟、小鋒つまり腰反り踏張りあり。側肉豊かにつき、鍛えは小板目地沸厚く、沸映り乱れ立ち、地景入る。刃文は小乱れ、足入り、金筋かかり、区上で焼落とす。帽子は乱れて小…

刃長80.0 反り2.7 元幅2.9 先幅1.9 鋒長3.1 (㎝)

1口

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19330123
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

本太刀は古来「童子切」と号して名高く、細見で反り高く、小鋒の優美な姿をしており、地肌や刃文に特徴が見られる。
『享保名物帳』に記載されるところによると、豊臣秀吉の所有で徳川秀忠より越前松平家に伝来したと伝えられ、附の糸巻太刀拵は総金具赤銅魚々子地に桐紋を色絵にし、金平目時の鞘と柄に茶糸巻を施したものである。また、梨子地に葵紋を蒔絵した豪華な太刀箱があり、江戸初期の製作とみられる。

太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉をもっと見る

安綱をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / / 反り

関連作品

チェックした関連作品の検索