太刀〈銘安綱/〉 たち〈めいやすつな〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 平安 / 関東 

安綱
東京都
平安
鎬造、庵棟、腰反り高く踏ん張りあり、小鋒、小乱、小足、葉入り砂流かかり、総体に匂口沈みごころに小沸つく。帽子は僅かに乱込み掃きかけ、先小丸、沸やや荒れつく。茎生ぶ、先栗…
長74.8㎝ 反3.1㎝
1口
東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

伯耆国安綱の作である。細身で腰反りが高く小鋒の優雅な姿は、平安時代中・後期の日本刀の様式をよく示している。鍛は、平安末期の山城や備前のものに比べて肌が大きく、肌立ちて黒めの地色で、小乱の刀文も後のものより不規則に乱れている。在銘作は少なく、貴重な一口である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘安綱/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘豊後国行平作/〉
太刀〈銘豊後国行平作/〉
太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉
小太刀〈銘国宗/〉
ページトップへ