松藤文兵庫鎖太刀拵 まつふじもんひょうごぐさりたちこしらえ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
柄は白鮫着せ、胡粉塗りとし、刃と棟に金銅魚子地鱗文高彫の覆輪をかけ、向鶴丸文の目貫を打ち、若松文様彫りの飾鋲を表裏に四個づつ打つ。鞘は銀銅若松文線彫の持板を伏せ、銀銅磨…
総長96.0㎝ 柄長21.0㎝ 鞘長77.0㎝
1口
東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19580208
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

帯取りに兵庫鎖を用い、柄・鞘ともに長覆輪をかけた金銅装太刀拵である。若松文と藤三巴文、向鶴文をモチーフとした飾金具が施されている。兵庫鎖太刀は上級武将間で好まれた実用品であるが、鎌倉時代中期以降は社寺への奉納品として使われるようになった。豪華な兵庫鎖太刀の数少ない優品の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

松藤文兵庫鎖太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

兵庫鎖太刀〈(中身無銘伝一文字)/〉
兵庫鎖太刀〈刀身銘一/〉
秋草文黒漆太刀〈中身銘豊後国行平作/)
黒漆太刀拵
太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉
ページトップへ