金梨子地隅切葵紋散鞘毛抜形太刀拵 きんなしじすみきりあおいもんちらしけぬきがたたちごしらえ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

西条藩松平家伝来
江戸時代後期
1振
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

毛抜形太刀拵は、平安時代中期貴族に流行した拵で、柄地板を毛抜形に透したもの。鎌倉時代以降は透かしとせず毛抜形を打出しとするようになった。鞘は金梨地に隅切葵紋を金蒔絵で施し、銀無垢総金具であるが、口と縁は銀磨地となっている。鐔には室町末期美濃の刀工「兼元」(関孫六兼元)の彫り銘がある。

作品所在地の地図

関連リンク

金梨子地隅切葵紋散鞘毛抜形太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金梨地葵紋蒔絵文書箱
金梨地葵紋蒔絵文書箱

西条藩松平家伝来

金梨地葵紋花生蒔絵硯箱
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

叢梨地葵紋蒔絵硯箱
叢梨地葵紋蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

葵紋散螺鈿黄金造飾太刀拵
黒漆塗葵紋蒔絵五段重箱
黒漆塗葵紋蒔絵五段重箱

西条藩松平家伝来

ページトップへ