金梨地葵紋花生蒔絵硯箱 きんなしじあおいもんはないけまきえすずりばこ

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

西条藩松平家伝来
さいじょうはんまつだいらけでんらい
江戸時代
1具
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

長方形で面取りを施した被蓋造りの硯箱である。蓋表には金地に花生と隅切葵紋を肉厚の高蒔絵で描いている。身は左に硯と水滴、右に懸子を納める。純金粉が大量に使用された最高級品で、個性的で大胆な構図になっている。外箱に据えられた御印から、硯箱が西条藩6代藩主松平頼謙の娘鑑姫(まさ子)の所用品であったことが分かる。西条藩松平家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

金梨地葵紋花生蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

叢梨地葵紋蒔絵硯箱
叢梨地葵紋蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

金梨地葵紋蒔絵文書箱
金梨地葵紋蒔絵文書箱

西条藩松平家伝来

黒漆塗葵紋蒔絵五段重箱
黒漆塗葵紋蒔絵五段重箱

西条藩松平家伝来

徳川家康和歌短冊〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
ページトップへ