竹図〈西条藩松平家伝来〉 たけず(さいじょうはんまつだいらけでんらい)

日本画 / 江戸 / 愛媛県 

松平頼純
まつだいらよりずみ
江戸時代前期
紙本墨書
1幅
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

西条藩初代藩主である松平頼純の水墨画で、竹が描かれている。松平頼純は、紀伊和歌山藩初代藩主徳川頼宣の二男として生まれ、寛文10(1670)年に伊予西条三万石を拝領し、西条藩初代藩主となった。頼純については、『土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)』に「文武ヲ学ビ、老敬ヲ旨トシ、仁礼ヲ正シ、行跡道ニ叶ヒ、穏和ヲ以テ家士・土民ヲ恵マル、当時希ナル誉ノ良将也」と記されている。本資料では頼純の文武に優れた一面をうかがうことのできるものとして貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

竹図〈西条藩松平家伝来〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平頼純和歌「あすよりは」
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼純書「循性剣」
松平頼啓書「千年丹頂鶴」
ページトップへ