松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉 まつだいらよりゆきしょ(さいじょうはんまつだいらけでんらい)

 / 江戸 / 愛媛県 

松平頼啓
まつだいらよりゆき
江戸時代
紙本墨書
1幅
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

西条藩八代藩主である松平頼啓の書で、「竹裏出茶煙」と書かれている。松平頼啓は、六代藩主松平頼謙の三男として生まれ、長兄の七代藩主頼看が早逝したため、養子となり西条藩主となった。頼啓は、書画に堪能で、学問を好み、文化2(1805)年(推定)には陣屋の北に択善堂を創立している。本資料は頼啓のすぐれた筆跡を伺うことのできるものとして貴重である。西条藩松平家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書「千年丹頂鶴」
松平頼啓書「雲中白鶴」「竹下清泉流」
松平頼啓・頼英書
松平頼啓・頼英書

松平頼啓・松平頼英

松平頼学書
松平頼学書

松平頼学

ページトップへ